Coloma for MT4の連携方法

以下の3手順を踏むことで「Coloma for MT4」アプリを使用して、稼働しているEAのパフォーマンス状況を確認できるようになります。なお、本連携手順を進めるにはPCが必須になりますので、PCを開いた状態でのお読みいただくことをおすすめします。

手順1:必要な資材等の準備

Coloma会員登録

必要な資材を準備するためにこちらからColoma会員登録を行なってください。会員登録は無料となっています。 register

Colomaアプリをダウンロード

会員登録後に表示されるマイページ上のMT4アプリの紹介部分からColomaアプリをダウンロードしてください。

dl

モニタリング用EAをダウンロード

続いて、マイページ上のMT4アプリの紹介部分にある「モニタリング用EA」をダウンロードしてください。 ※画像赤枠

ea

ColomaIDを取得

最後にMT4アプリの紹介部分の下にある「ColomaID」をコピーしておいてください。この後のMT4上での設定時に使用します。 ※画像赤枠

colomaID

手順2:モニタリングするMT4での設定

ここまでの手順で準備した資材をモニタリングの対象となるMT4上に設置していきます。

希望MT4口座へのモニタリング用EAの設置

モニタリングの対象となるMT4の「Experts」フォルダに、先ほどダウンロードしたモニタリング用EAを配置します。

Ex

以下の画像のように先ほどダウンロードしたモニタリング用EA「ColomaMonitor.ex4」が「Expert」フォルダ内に配置されているか確認してください。

inExSet

APIアクセスの設定

続いて、ColomaとMT4の連携に必要な「 https://api.coloma.tech 」へのアクセスをMT4に許可します。 以下の画像の赤枠の箇所にある「ツール>オプション」メニューを開いてください。 api1

「オプション」メニュー内の「エキスパートアドバイザ」タブを開き、以下画像の赤枠にある「WebRequestを許可するURLリスト」をチェックし、該当のリスト「 https://api.coloma.tech 」を入力してください。 api2

取引履歴の取得期間を「全履歴」に変更

次に連携前を含めた全期間での運用成績をグラフ化するために「口座履歴」タブの「期間のカスタム設定」を変更します。

以下画像の赤枠の口座履歴タブを開き、注文番号の一覧が表示されるエリアで右クリックを行うと、「期間のカスタム設定」が表示されるので、クリックしてください。

terminal

「期間のカスタム設定」のポップアップが表示されます。 select

ポップアップ内の項目「期間」のプルダウンから「全履歴」を選択し、OKボタンを押下してください。 all

※連携作業の全工程完了後に「期間のカスタム設定」を変更すると、再連携が必要になりますのでご注意ください。

ColomaIDを設定してモニタリング用EAの自動売買を開始

最後にモニタリング用EA「ColomaMonitor」を任意の1分足チャートで自動売買させます。なお、「ColomaMonitor」は取引を一切行わず、MT4とアプリとの連携に必要な処理のみを行います。以下の準備を進める前に、モニタリングをしたいMT4口座が指定されていることを必ず確認してください。 まず、任意の通貨ペアで1分足のチャートを開いてください。 ※表示するチャートの時間足が1分足となっていることを必ずご確認ください。

1min

先ほど開いた1分足チャート上でモニタリング用EA「ColomaMonitor」の自動売買を開始します。その際、Colomaのマイページで取得した「ColomaID」を以下画像の赤枠の箇所のようにパラメータとして設定してください。 param

ここまでの手順が完了したら、モニタリング用EA「ColomaMonitor」が自動売買されているかを確認します。通常のEAの稼働と同様に、自動売買ボタンが緑色、チャート右上の顔マークが笑顔になっていれば連携は完了です。

※画像赤枠の箇所 check

手順3:Colomaアプリで表示を確認

なお、アプリで表示されるデータの更新はMT4の価格データが更新される度に行われる仕組みになっています。 週末などで価格データが更新されない時間帯にはデータ連携が行われません。 週末等の価格変動がないタイミングで連携を行なった場合はMT4のデータが更新されるまでお待ちください。

image