【買いたい株が見つかる】銘柄検索・高度な分析をするならCOLOMA

Tech Blog

  • トップ
  • サプライヤー・カスタマー関係における情報の非対称性からリターンを生む方法
162019-07

サプライヤー・カスタマー関係における情報の非対称性からリターンを生む方法

はじめに

企業はそれぞれ孤立したものではなく、互いに多様な関係で結ばれている。その中でも基本的な関係が、"サプライヤー(商品供給者)"と"カスタマー(顧客)"である。例えば、2018年時点でのApple【AAPL】のサプライヤーは200社ほど存在している[PDF]。 このつながりが各企業の資産や株価変動に影響を与えることは、容易に想像できるであろう。今回紹介する論文では、"サプライヤーとカスタマーの関係において情報の非対称性が存在する。" という仮説のもと、カスタマーの過去のリターンをもとにサプライヤーに対してロング/ショートポートフォリオを作成する カスタマーモーメンタムを提案している。この戦略によって、 米国株式(1981~2004)での実証実験の結果、月次1.58%のリターンが可能であった。また、市場参加者の注意度が低い企業に対して、提案した戦略がより高いリターンを得ることが示された。これは、市場参加者の注意度が、サプライヤーとカスタマーの株価の予測可能性に関連していると主張している。

紹介する論文

Lauren Cohen, Andrea Frazzini, "Economic Links and Predictable Returns", 2008, Finance. (URL: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/j.1540-6261.2008.01379.x)

サプライヤーとカスタマーの株価変動の例

本論文では、サプライヤー/カスタマーのイベントと株価変動に関連がみられる例として、Coastcast社 と Callaway社を挙げている。(図参照)

【サプライヤー】 Coastcast社:  ゴルフクラブのヘッドを製造する会社
【カスタマー】 Callaway Golf社:  ゴルフ用品に特化した小売会社 [1]

pic ※図は論文中のものであり、独自に説明を加えた。

2001年時にCoastcast社の合計売上額の50%をCallaway社が占めており、両社は強固な関係にあった。それにも関わらず、2001年6月7日に、あるアナリストがCallaway社の格付けを下げたときCallaway社の株価(青色)は2日で30%下降するも、Coastcast社の株価(赤色)は下降せず、むしろ上昇を見せた。この期間、Coastcast社のEPS予測は下方修正がなく、アナリストレポートでも"買い"予想がなされ、またニュースでCoastcast社に関するトピックは全く無かったことが報告されている。これは、カスタマー企業に重要な変化が生じたとき, サプライヤー/カスタマーのつながりが市場参加者に十分認識されず情報が適切に反映されないことによる、株価変動の遅延 を示している。この場合、6月7日のCallaway社の下落時に、それに大きく依存したサプライヤーであるCoastcast社の株をショートしていれば大幅なリターンが得られたことになる。この例で示したように、サプライヤーとカスタマーの株価は相互に大きな影響を与え合うことから、次節で説明するカスタマーモーメンタムが提案された。

手法

カスタマーモーメンタム

本論文で提案されたカスタマーモーメンタムは、前記事"サプライヤー・カスタマーの関係性を使った投資戦略"[URL]で紹介したものと比べて、売上高構成比率を扱わない単純なものである。

サプライヤー/カスタマー関係を反映したモメンタムトレードを行うため、カスタマーモメンタムを以下の通り定義する。

ここで、は時点におけるサプライヤーのカスタマー集合、は時点から時点におけるカスタマーの株価リターンである。  

以上の設定のカスタマーモメンタムトレードは以下の手順で実施される。
1. サプライヤー企業群の中をカスタマーモメンタムで順位付けし5分割に分ける。
2. カスタマーモメンタムが最も低い分位(Q1)をショート、最も高い分位(Q5)をロングする。
3. 投資家が決めた期間ごとに1.と2.を行いリバランスする。

実験

[実験1] カスタマーモメンタムに基づくリターンの計測
上記で説明したカスタマーモメンタムの有効性を示すため、カスタマーモメンタムに基づいたリターンに関する実験である。

[実験2]市場参加者の注意度とカスタマーモメンタム
前々節"サプライヤーとカスタマーの株価変動の例"で示した市場参加者注意力の限界が株価予測可能性をもたらすという仮説の下、市場参加者注意度の低い銘柄群のほうが相対的にカスタマーモメンタムの株価予測可能性が高いことを確認する。論文では、市場参加者の注意度の指標としてファンドの保有割合を考慮した COMMON を用いる。

時点でのサプライヤーとカスタマーの COMMON は以下の式で表される。

ここで、時点でサプライヤーとカスタマーの株式を両方保有しているファンド数、時点でサプライヤーの株式を保有するファンド数である。よって、であり、1に近づくほどファンドが注意するサプライヤー/カスタマー関係であることを意味する。
実験では、COMMONに基づいて下位30% (P1), 中位40% (P2), 上位30% (P3) と3つのグループに分割し、カスタマーモメンタムを行う。

実験データ

実験データは、1980年から2004年までのの米国株式市場を対象とし、SFAS No.131を始めとする複数の情報を元に、サプライヤー/カスタマー関係情報 (11,484ペア)を収集している。

結果

[実験1] カスタマーモメンタムに基づくリターンの計測
カスタマーモメンタムによるサプライヤー企業の分位別1ヶ月先平均リターンは、最高分位(Q5)のグループで0.982%、最低分位(Q1)のグループで-0.596%であり、その差は1.578%であった。

[実験2] 市場参加者の注意度とカスタマーモメンタム
表からわかるように、COMMONが小さい方がカスタマーモメンタムに基づくリターンが高い。これは、市場参加者(ファンド)の注意力が低い(高い)サプライヤー/カスタマー関係企業は、カスタマーモメンタムに基づくリターンが高い(低い)傾向にあることを示している。このことから、市場参加者の注意度の違いによるカスタマーモメンタムの有効性が確認できた。 スクリーンショット 2019-07-12 16.22.04

発展性

カスタマーモメンタムとそれをサプライヤーのリターンにも適用したサプライヤーモメンタムを日本株式市場に適用した論文が[2]である。この論文では、リターンに加え売上高構成比率などの情報も扱っている。(紹介記事: "サプライヤー・カスタマーの関係性を使った投資戦略" https://www.coloma.tech/techblog/7m4UjiObxtHYmA13Sk8A7A)

参考文献

[1] キャロウェイ ゴルフ (Callaway Golf Coop.) 公式サイト, https://www.callawaygolf.jp/

[2] 磯貝 明文, 川口 宗紀, 小林寛司. "サプライヤー・カスタマーのつながりに基づくクロスモメンタムの株価予測可能性", 現代ファイナンス, 400001, 2019.

その他の記事
162019-07

サプライヤー・カスタマー関係における情報の非対称性からリターンを生む方法

企業同士は"サプライヤー(商品供給者)"と"カスタマー(顧客)"の関係で繋がっている。本記事では、”市場参加者の注意力の散漫”によるサプライヤー/カスタマー2社間の特徴的な株価変動を実例とともに紹介したあと、その関係を投資戦略に組み込んだカスタマーモーメンタムとその実験について説明する。

続きを読む
052019-07

Dynamic Mode Decomposition ~データから時空間ダイナミクスを抽出する方法~

複雑な時空間ダイナミクスをデータから抽出する手法の一つとしてDynamic Mode Decomposition (動的モード分解)を紹介する

続きを読む
052019-07

ヘッジファンドは勝てるのか?~2007年から2017年の間のヘッジファンドのパフォーマンスをくらべてみました~

米国株式市場を対象として、ヘッジファンドとインデックスとを比較した実証研究を紹介する。2007年から2009年の金融危機をはさんだ期間においても、インデックスを上回るパフォーマンスのヘッジファンドが存在することがわかった。

続きを読む
272019-05

Graph Convolutional Networksの基礎

グラフ構造を扱うGraph Convolutional Networks (GCN)が近年盛り上がりを見せている.本記事では,Graph Convolutional Networksの基礎を解説した後,Coraデータセットを用いた簡単なクラス分類の実験について説明する.

続きを読む
262019-05

金融商品や投資戦略の評価に使われている各種指標の紹介

銀行や証券会社で販売されている金融商品や、機関投資家が執行する投資戦略の性能評価に使用されている各種指標を紹介する。

続きを読む
122019-04

複素リスク分散ポートフォリオ

金融資産のポートフォリオを生成するとは,適切な配分で複数の金融資産を保有することである. その際に, 数理最適化の手法が応用されている. 本稿ではポートフォリオ生成に関する基本的な内容を復習し, 複素リスク分散ポートフォリオの概要を説明する.

続きを読む
112019-03

株価とマクロ経済指標との関係

日々の生活で触れる経済ニュースの中で,国内総生産や消費者物価指数といったマクロ経済指標と個々の企業の株価に関する情報は必ずといってもよいほど目にするものである.そこで,一つの疑問が湧いてくる.これらのマクロ経済指標と株価との間には何かしらの関係性があるのだろうか?本稿では,イギリス,ドイツ,フランスを対象に株式市場のインデックスとマクロ経済指標との間の関連性について調べた結果を紹介する.

続きを読む
052019-03

Derivative DTW ~時系列パターンの類似度計算の手法~

時系列データ同士の類似度を算出する手法として,動的時間伸縮法 / DTW (Dynamic Time Warping) がある.この手法は、時系列データを点として扱っているが,形状によってはうまく機能しない場合がある.そこで,本記事ではDTWの拡張であるDDTW (Derivative Dynamic Time Warping)を用いた時系列パターンの類似度の算出に関して説明する.

続きを読む
052019-03

サプライヤー・カスタマーの関係性を使った投資戦略

企業間取引での商品提供者(サプライヤー)と顧客(カスタマー)同士のつながりをサプライチェーンという。株価がサプライチェーンを伝わる際に情報の非対称性が存在すると仮定すると、そこには利益を獲得できる機会が生じると期待できる。この発想に基づいた投資戦略を紹介する。

続きを読む