【買いたい株が見つかる】銘柄検索・高度な分析をするならCOLOMA

Tech Blog

  • トップ
  • サプライヤー・カスタマーの関係性を使った投資戦略
052019-03

サプライヤー・カスタマーの関係性を使った投資戦略

はじめに

企業間取引での商品提供者(サプライヤー)と顧客(カスタマー)同士のつながりをサプライチェーンという.株価がサプライチェーンを伝わる際に情報の非対称性が存在すると仮定すると,そこには利益を獲得できる機会が生じると期待できる.この発想に基づいた投資戦略を以下の流れで紹介する.

  • サプライチェーン
  • モメンタムトレード
  • カスタマー(サプライヤー)モメンタム
  • 実証結果の紹介
  • 発展性

論文

磯貝 明文, 川口 宗紀, 小林寛司. サプライヤー・カスタマーのつながりに基づくクロスモメンタムの株価予測可能性. 現代ファイナンス, 400001, 2019.

サプライチェーン

企業間取引において商品提供者(サプライヤー)と顧客(カスタマー)との関係からなるつながりをサプライチェーンという. 例えば、自動車産業におけるサプライチェーンは,完成車メーカーと部品メーカーとの階層構造により構成されている.サプライチェーン上に存在する企業が倒産した場合,部品供給がそこで途絶えてしまうため,完成車メーカーの生産に遅滞が生じてしまい,経済活動全般にも少なからず影響が生じてしまう. このような理由から,サプライチェーン上のリスク伝搬を評価することは産学両方で取り組まれている.

同様に,サプライチェーン上の企業の業績がそれぞれの株価にも影響を及ぼし合っていると考えてられている. 実際に,米国や日本の株式市場において、このことは実証研究により確認されている.

モメンタムトレード

上昇している株価は上昇し続け,下降している株価は下降し続ける傾向をモメンタムという. モメンタムトレードとは,ある観測期間において上昇し続けている銘柄を上から順に選んで購入し, 同期期間において下降し続けている銘柄を下から順に選んで空売りする投資戦略である. モメンタムトレードに関する実証研究は古くから行われており,実際に効果があったという報告も行われている.

カスタマー(サプライヤー)モメンタム

サプライヤー・カスタマー関係を反映したモメンタムトレードを行うため,カスタマーモメンタムとサプライヤーモメンタムを以下の通り定義する.

ここで,は時点におけるサプライヤーのカスタマー集合,は時点におけるカスタマーのサプライヤー集合,は時点におけるサプライヤーからカスタマーへの売上高構成比率, は時点から時点におけるカスタマーの株価リターンである. 以上の設定のカスタマーモメンタムトレードは以下の手順で実施される. 1. サプライヤー企業群の中をカスタマーモメンタムで順位付けし5分割に分位分けする 2. カスタマーモメンタムが最も低い分位をショート(空売り), 最も高い分位をロング(購入する) 3. 投資家が決めた期間ごとに1.と2.を行いリバランスする

サプライヤーモメンタムトレードは上記の手順において,カスタマーとサプライヤーの役割を入れ替えることで実現される.

実証結果の紹介

ここでは先行研究で行われた実証結果を紹介する.2005年3月から2015年3月までの120ヶ月間の間の日本株式市場を対象とする.リバランス期間は1ヶ月である.このときのカスタマーモメンタムトレードの結果であるが,カスタマーモメンタムによるサプライヤー企業の分位別1ヶ月先平均リターンは,最高分位のグループで13.54%,最低分位のグループで4.32%であり,その差は9.22%であった.リバランス期間を2ヶ月,3ヶ月を増やした際にも同様の傾向にあることが確認されている. サプライヤーモメンタムトレードの結果について,サプライヤーモメンタムによるカスタマー企業の分位別1ヶ月先平均リターンは,最高分位のグループで8.81%,最低分位のグループで6.81%であり,その差は2.00%であった. 以上の結果から,米国株式市場における検証結果同様に,日本株式市場においてもカスタマーモメンタムトレードは優位に働いていると結論づけられている.

発展性

ここで紹介したモメンタムトレードはサプライヤーとカスタマーの直接的な関係性のみを使用している.つまり,A-B社の2社間の関係性である.しかし,現実の企業間取引においてはA-B-C社の3社間での関係性やそれ以上の数の企業同士の関係性も存在する.このようなサプライチェーンの関係性が鎖のようにつながったものをサプライチェーンネットワークという.このようなサプライチェーン上でのモメンタムトレードをグルーバル市場において行うことは今後の一つの発展の方向として考えられる.

参考文献

L. Cohen and A. Frazzini. Economic links and predictable returns. The Journal of Finance, 63(4), 1977-2011 (2008).

その他の記事
162019-07

サプライヤー・カスタマー関係における情報の非対称性からリターンを生む方法

企業同士は"サプライヤー(商品供給者)"と"カスタマー(顧客)"の関係で繋がっている。本記事では、”市場参加者の注意力の散漫”によるサプライヤー/カスタマー2社間の特徴的な株価変動を実例とともに紹介したあと、その関係を投資戦略に組み込んだカスタマーモーメンタムとその実験について説明する。

続きを読む
052019-07

Dynamic Mode Decomposition ~データから時空間ダイナミクスを抽出する方法~

複雑な時空間ダイナミクスをデータから抽出する手法の一つとしてDynamic Mode Decomposition (動的モード分解)を紹介する

続きを読む
052019-07

ヘッジファンドは勝てるのか?~2007年から2017年の間のヘッジファンドのパフォーマンスをくらべてみました~

米国株式市場を対象として、ヘッジファンドとインデックスとを比較した実証研究を紹介する。2007年から2009年の金融危機をはさんだ期間においても、インデックスを上回るパフォーマンスのヘッジファンドが存在することがわかった。

続きを読む
272019-05

Graph Convolutional Networksの基礎

グラフ構造を扱うGraph Convolutional Networks (GCN)が近年盛り上がりを見せている.本記事では,Graph Convolutional Networksの基礎を解説した後,Coraデータセットを用いた簡単なクラス分類の実験について説明する.

続きを読む
262019-05

金融商品や投資戦略の評価に使われている各種指標の紹介

銀行や証券会社で販売されている金融商品や、機関投資家が執行する投資戦略の性能評価に使用されている各種指標を紹介する。

続きを読む
122019-04

複素リスク分散ポートフォリオ

金融資産のポートフォリオを生成するとは,適切な配分で複数の金融資産を保有することである. その際に, 数理最適化の手法が応用されている. 本稿ではポートフォリオ生成に関する基本的な内容を復習し, 複素リスク分散ポートフォリオの概要を説明する.

続きを読む
112019-03

株価とマクロ経済指標との関係

日々の生活で触れる経済ニュースの中で,国内総生産や消費者物価指数といったマクロ経済指標と個々の企業の株価に関する情報は必ずといってもよいほど目にするものである.そこで,一つの疑問が湧いてくる.これらのマクロ経済指標と株価との間には何かしらの関係性があるのだろうか?本稿では,イギリス,ドイツ,フランスを対象に株式市場のインデックスとマクロ経済指標との間の関連性について調べた結果を紹介する.

続きを読む
052019-03

Derivative DTW ~時系列パターンの類似度計算の手法~

時系列データ同士の類似度を算出する手法として,動的時間伸縮法 / DTW (Dynamic Time Warping) がある.この手法は、時系列データを点として扱っているが,形状によってはうまく機能しない場合がある.そこで,本記事ではDTWの拡張であるDDTW (Derivative Dynamic Time Warping)を用いた時系列パターンの類似度の算出に関して説明する.

続きを読む
052019-03

サプライヤー・カスタマーの関係性を使った投資戦略

企業間取引での商品提供者(サプライヤー)と顧客(カスタマー)同士のつながりをサプライチェーンという。株価がサプライチェーンを伝わる際に情報の非対称性が存在すると仮定すると、そこには利益を獲得できる機会が生じると期待できる。この発想に基づいた投資戦略を紹介する。

続きを読む